山東環球漁具株式有限会社は1985年に創立して、創立後すぐ国外の先進技術を導入して、ガラス繊維竿を真っ先に中国に取り入れたことから、中国の釣り竿の業界の先駆者になりました。当時から我が社はガラス繊維、炭素繊維釣り竿の研究開発と生産経営に力を入れることにより、炭素繊維とガラス繊維の釣り竿の開発・生産に従事する専門的な製造メーカーです。会社の従業員は2000人余り、釣り竿の年間生産能力は1000万本です。2015年の輸出額は12000数万ドルでした。